【おすすめDVD】サブライム(Sublime)ライブ94ー96/ステインド(Staind)アンプラグド

陽川教

陽川教(はるかわきょう)


 

dvd sublime staind

 

ハイ!陽川・教です!

 

今回の洋楽紹介コーナーはDVD二枚を語らせていただこうと思います~

 


[洋楽紹介]

 

サブライム(Sublime)

「ライブ94ー96」

 


Live 94-96 [DVD] [Import]

 

■1996年にフロントマンのブラッドリー・ノウェル( Bradley Nowell)がヘロインの過剰摂取で亡くなったことにより、突然解散したサブライム(Sublime)。

 

ワープトツアーからきたない小屋までインディーズ時代のギグが収められている!!

スタッフが袖から撮ったような映像がおおいから、ブートレグに似たようなレア感を楽しむ
ような作品だね。

 

必見はライブハウスと関係ない、ビーチの軒下のようなところでアンプを組んでひたすらセッションしている映像だ!

 

ミクスチャーなんたらというよりも、サブライム(Sublime)はジャムバンドのような立ち位置から発展したようなバンドだったのでは、ないだろうか?
と考えてしまう!

 

半裸をゆらして楽しそうに歌うブラッドが、オーバードーズ級のジャンキーには見えないように、
サブライムには、発見できなかったもっと意外な点が、いろいろあったのだろうな!
と思わせる作品だね!

 

 

Sublimeの超メジャーどこな『Santeria』は必聴!!

 

 


 

[洋楽紹介]

 

ステインド(Staind)
「アンプラグド」

 


アンプラグド [DVD]

 

■当時そこまで有名なバンドではなかったが、あるライブでリンプ・ビズキット(Limp Bizkit)のボーカルのフレッド・ダーストと出会い、各々がお互いを気に入り、お互いをイントロデュースするようになったのがきっかけで、その名は広まった。

 

六百万枚の売り上げをほこる実力派に成長していたステインドのMTV2でのアンプラグドデビューの模様を収めた作品だね。

 

元々、メロディー重視主義のバンドだったしで、ボーカル=アーロン・ルイスの独壇場だ。

 

もっさりしていて、華のない彼だが、朗々とした歌声と目をとじて歌の世界に入っていく様は、
惹き付ける魅力がただよっているね。

 

ヘヴィネスさを取り除けば王道のアメリカン・ロックであってステインドはアリス・イン・チェインズあたりのバンドではなくて、クリードあたりのバンドである事がよく解るね!!

 

 

 

StaindがブレイクするきっかけとなったIt’s Been Awhile

 

いわずと知れた大ヒット曲!
キレイなメロディーですね、個人的には大サビが好きです!

 

 

音楽に合わせて動く歌詞

 

以上 【おすすめDVD】サブライム(Sublime)ライブ94ー96/
    ステインド(Staind)アンプラグド Fade out