転職の履歴書・職務経歴書の書き方

 

 

tony soldier

Tony Soldier(トニーソルジャー)


 

履歴書 職務経歴書 書き方

 

シフトに入ったら朝でも夜でも”おはようございます!”
トニー・ソルジャーじゃー!

 

転職活動で企業に提出する履歴書・職務経歴書は、今までのあなた自身の職歴を簡潔に、
かつ分かりやすく書こうね!

これまでのあなたの業務内容を把握できれば、どのように職場で強みを発揮できるのか、採用担当者も分かりやすく、採用のきっかけになります。

 

転職時の志望動機で大切になるのは、意欲的で前向きさを感じさせるような内容にしようね!

より成長につながりそうだとか、前職で経験してきた事項や習得してきた能力を活かすことができそうといった、仕事への積極性が具体的に伝わるような志望動機をまとめて採用担当者のハートを
狙い撃ちするドット・サイトが重要なこととなってくるよ。

ドット・サイトとは標的を狙う時に見える赤い点(ドット)で狙いをつけることによりターゲットを
狙いつけるサイト(照準器)のことよ。

 

履歴書職務経歴書は、あなたの今までの職歴をどんな相手でも理解できるように、
意識して書こうね!

どのような業務をしてきたのかが伝われば、入社してすぐに活躍できるか?
書類選考の際に採用担当者がより的確に判断できるようになるからね!


 

 

転職回数が多いのが悩み・・・

 

履歴書 職務経歴書

 

■経歴をまとめるのは経歴詐称になってしまうのか?

転職回数が多いことについてお悩みの方も多いでしょう。

 

それでも経歴詐称はNGよ。

過去の記録を勝手に都合のいいように改変は断じてNoよ。

 

 

ではどうすればいいのか?

 

 

短期間での経歴の多さが目立つ・・・・

【まとめて記載する『履歴書』見本】

 

【Before】 短期間で3社渡り歩いているイメージ・・・

経歴をまとめる

 

【After】

経歴をひとつにまとめる

 


 

短期間での退職・・・(短期バックレなので本当は書きたくない)

 

【軽~く触れておく程度に記載する『職務経歴書』見本】

 

【Before】

before 職務経歴書

 

 

【After】

※平成29年2月~平成29年4月の期間は、賃貸不動産管理会社にて、
物件管理業務に従事。

 

コツはサラッと書くことよ!!

 


 

採用されやすい転職の志望動機

 

PDCA

 

■大切なのは職務経歴書における実績と整合性

採用担当者が見ているのは『志望動機』とあなたが実際にどのように仕事をしてきたのかの
整合性がとれていることだよ。

 

ようは、応募書類(履歴書・職務経歴書)と今までの仕事の実績の整合性から、
あなたがどんな人間なのか探っているのね。

 

もちろん、当たり障りのない志望動機を書く気持ちもわかるよ!!
そこら中に志望動機の見本みたいなのがあふれているしね・・・

 

でもね!重要なのはその志望動機が、今までの実績と結びついているか否かなのね。

たとえば「御社で新しい分野に挑戦したい」と書いている応募者がいたとします。

このとき採用担当者が知りたいのは、「実際にこれまでの仕事でも新しいことに挑戦しながら働いてきましたか?」ということなのです。

こんな質問で返された時に「これまでは特に挑戦していませんけど・・・」なんて答えてしまうと一気に信憑性がなくなっちゃうよね。

 

 

初めて知人に借金を申し込みに言って、「今まで他に人から金を借りたことがあって返金した実績があるのか?」と問われ「今までは借りた金はお返したことありません」と言ってるのと同じことね。

 


 

未経験の分野への応募の場合
ではそのためにどんな準備をしているのか?

 

デキル男

 

 

■たとえば「今までの業務経験はないけど、海外相手のビジネスがしたい」という志望動機の人ならば、未経験はともかく「実際にそのためにどんな努力をしているのか?」が問われるでしょう。

あなた自身が既に語学学習やTOEICで高いスコアをたたき出していたり、語学学校に通っているなどという、客観的な説得材料があれば、そこから本気度を伝えることは可能だよ。

 



スマホでできる2ヶ月間の短期集中トレーニング

 

 

最低限のラインとして採用担当者が「ウチの会社のために書いてくれたのがわかる」というところはクリアしようね!

会社の方向性と、あなたのスキルがマッチしているのかどうか探っているのですから、それが
見えてこないような個性のない志望動機は問題外です。

 

重要になることは、ポジティブで仕事への意欲が伝わるような内容です。より成長につながりそうだとか、習得している能力を活かすことができそうといった前向きな志望動機をまとめてくださいね。

 

出来る限り、その企業の特長に合致した志望動機を分りやすく述べることが望まれるよ。
そのためには綿密な企業研究をおこなうことね!

 


 

書類審査で通る鍵は『あなた』ならではの物語

 

ここがポイント

 

■履歴書・職務経歴書を書く際に、もっとも重要なことは「私はこれまで〇〇という考えをもって〇〇という経験をしてきました。ですから御社に入社したあかつきには〇〇で貢献できます。」という、あなた個人の価値を伝える明確な物語があるかどうかだよ。

応募先の企業に受け入れてもらえるかどうかの分岐点は、とどのつまりそこがポイントなのね!

 

 

 


 

語るべき物語は2つ!
主観性と客観性

 

■主観性のある物語

 

・今までどんな考え方を持って働いてきたのか?

・自分がどのようになりたくて、そのために、どのようにスキルアップして、
実績を積もうと意識してきたか?

 

ただ、のんべんだらりと企業で働いていたわけではないのだと、採用担当者にアピールしよう!

あなたがの付加価値をどのように身につけたのか?そしてどう企業に貢献してきたかのか?

あなたの仕事に対する意識やモチベーション、そして実績を語りましょうね!

 


 

 

■客観性のある物語

 

現在(もしくは直近で)働いていた企業における実績や評価のことです。

いくら主観的に「〇〇を達成しました!!社内ではエース的存在でした!」と力説してみたところで、それが役職などのわかりやすい評価で見えてこないと、採用する側としては今一つ信用する材料が乏しいところだよね・・・

あなたが語る主観性のある物語を客観的に裏付ける事実があるか否かが、非常に重要となってくるのですね。だからこそ!!それを裏付ける客観的な実績ができるだけ見えなければ説得力は生まれないよ。

 

採用する側だって人の子よ!

「この人は本当に仕事ができる人なのかな?」

「もし入社したとして、うちの社員たちとうまくコミュニケーションがとれるかな?」
と不安は尽きないものよ。

特にあなたの実績をよく理解している現職(前職)での評価や昇進というのは、
実際の仕事ぶりを見ることができない採用側からすると、その業務における品質保証として強い
アピールとなるよ。

 

採用する側だって切実なのね。コストに見合わない人材を採用するわけにはいきません。

 

だからこそ、実績を物語の形でわかりやすく見せる工夫が絶対に必要よ!!

 


 

採用担当者はどのような項目を重視している?

 

採用担当者の視点

 

■職務経歴書には一般的に、これまで勤めていた企業・部署・マネジメント経験の有無、
企業での実績、自分のやりたいことやアピールポイントなどを記載します。

 

では、採用担当者はどのような項目を重視しているのでしょうか?

 

 



そこはやはり仕事における実績です。その人がなにをやってきたのかの物語です。

 

 

 

 

どんだけ立派な大企業出身でも、どれだけ長く勤めていたとしてもダメよ。

採用担当者は、勤めていた大企業の看板ではなく、あなた個人の力量を評価するよ!。

 

だからこそ、自分の仕事ぶりをあなた独自の主観的ストーリーに絡めて語ることが、超大事よ!!

 

「ただなんとなーく、朝出社して受け身でなんとなーくダラダラ働いていました」ではなく、
あなたなりのこだわりを持って働いてきたことをアピールすることは、転職の際に不可欠よ!!

 


 

意外とずぼらな履歴書の写真

 

digdugmarikosyoumeisyashin

 

■履歴書に用いる写真はかなり大切なので、大げさに感じられるかもしれませんが、
写真館などで撮ってもらうのがBestよ!

 

スピード写真よりはコストがかかるけど、それでも数千円のコストで「あなたの分身」となる
履歴書写真は重要よ!!

クマやニキビを消したり、美肌補正などもやってくれるよ、パネマジなんていってる
場合じゃないね。

 

これで転職が成功するなら安いもんよ、たかが写真、されど写真よ!!

 

【かのアメリカ大統領リンカーンの名言】


40歳を過ぎた人間は、自分の顔に責任を持たなくてはならない。

人生40歳以上も生きていれば、その人間のの品性や知性・考え方がそのまま顔に表れてくるよね。
どのような人生を歩んできたのか「顔」ににじみ出てくるということらしいよ!!

 


ひとりで転職先を見つけようとせず、
アドバイスが突破口になることもある

 

 

■今の仕事から別の仕事への転職の際の自己PRって本当に負担だよね・・・
あなた自身のアピールポイントがわからなくて、ほど良い感じに伝えられない人も結構いるよね。

そんな時は、あなた一人で転職先を探すことなく、誰かのアドバイスが突破口になることが
多々あるよ。

漠然と異業種への転職をしようとしても、転職先が全然ないじゃんよ・・・なんてことも
あるよね。

 

転職エージェントなどの転職アドバイザーなどにお願いして教えてもらうという方法も、
Goodね!!

 



20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

まだ転職サイトを試したことのない方は、これを利用すれば求人誌やハローワークでは見つけられない情報を得られるかもしれないよ。

 

それに、履歴書の書き方や転職活動に有益なアドバイスを受けることも可能だよ。

 

お金は無料なので、インターネットできる環境があるのに使わないのはモッタイナイよ!!

新たな職場を探す手段の一つとして、上手に活用していこうね。

 

根気よくトライしていこうね!

 

金なし!コネなし!職探し!!

転職の履歴書・職務経歴書の書き方  本日の労働は終業!!




エージェントが就職できるまで二人三脚!DYM就職